カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チョドウィック見て来ました〜^^

今回韓国に行くにあたって、
何か他に見れないかな〜と考えて、
ユ・ジテの芝居や・・・
ダンサーの純情のミュージカル版など、
いろいろ候補を立てていたのですが・・・
急遽、ダヒョンくんの入り待ちをすることにしてしまったので、
そのもくろみはガラガラと崩れ去ったのでした・・・(>_<)



でも、ある方のご厚意により、
土曜の深夜の回のHedwigの公演を見ることが出来ました!
スンウくんのHedwigは初なのでございます!!!!
これに関わっていただいた、全ての方にお礼を申します〜
ありがとうございました〜〜m(_ _)m
e0017747_974910.jpg


それに、スンウくん韓国カペが、何でも6周年のようで、
入り口で記念品をいただきました〜。
e0017747_981988.jpg

e0017747_984323.jpg

おめでとうございます〜〜m(_ _)m
パチパチパチ〜〜〜〜\(^O^)/
お餅・・というか、ヨモギ蒸しパンみたいですが・・・
甘さ控えめで、モチモチしてて、とっても美味しかったです〜^^

さてさて・・・
感想でございますが・・・

その前に・・・
「ハン・ジョンリムの音楽日記」から流れてきた私たち・・
と・・・そこに見覚えのあるバン登場・・・
こ・・これはもしや?!
と思っていると・・そこからおもむろに・・・
ダヒョンくんマネのデッカイ図体が・・・
そーです、ダヒョンくんったら、自分のスケジュールを消化した後に、
スンウくんに会いに来たみたいなんですよね〜^^
ハハ・・・2度美味しかった私たち。
きっと、スケジュールの場所がかぶったから、
約束してたんだよ〜〜って睨んでたんだけど、
結局開演前に、少しだけお話してすぐ帰ったそーです。

その回は、客席にソムンタクさんもお友達といらっしゃってました〜^^
席は1階席の一番後ろ・・・やりたい放題の席です。
お友達と数席離れていたのですが、
間の方にお話して変わらせてもらえたので、
ホントに楽しく鑑賞することが出来ました!

そう・・・楽しく・・・・
いや〜〜〜ホント面白かった!!!!!
面白さで言えば、歴代NO.1ではないでしょうか?!

今回は正直な感想を隠さず書いていきたいと思うので、
ファンの方・・・失礼な文章があったらごめんなさい。
でも正直に書きたい気分。。。

始まる前は・・
聞くところによると・・第1と第3の良いとこ取り・・?
って話も聞いてたんですけど・・・
見た感じ・・・私はどこにも属さないもののように感じました。
オリジナルのHedwig・・・・
そう言っちゃうと、○Hed??っていう危惧を感じるHedペンの方もいそうですが・・・
(まあ・・ある場面似てるとこもあったんだけど・・それは後に書きます)
やることは、ちゃんとやってる・・・
飛ばすということでは無いので・・
頭がグチャグチャになることはありません。
そーいうことでは無く・・・・
台詞の端々・・・細かい?ところが変わってたりするんですよ。
あとは、照明なんかも変えてましたね。

例えば・・・・
始まって冒頭部分の台詞で・・・
ここ・・私の好きな台詞なんですけど・・・・
今までは・・・
「笑っちゃうわね・・・笑うのは・・笑わないと・・泣いちゃうから・・・」
っていうのが、
チョ・ドウィックでは・・
「笑っちゃうわね・・・笑うのは・・泣くよりも楽だから・・・」
ってなってたり、

イツハクがなりたかった仕事の話をする時に、
前だと・・・
“足のモデル”だったのが“ミュージカル俳優”に変わってたり・・・

見てる時は、もっとたくさん感じたんだけど・・・
記憶が・・(^^ゞ
とにかく、台本が全然ガラっと変わってます。
(ああ・・・台本が見たい!!)
でも、さっきも書いたとおり、筋的には変更して無いので、
不安感はまったく感じないのですが・・
通して感じたのは・・・
これって脚本家が本当に書いてるのか?!
それともスンウくんとの愛の共同作業なのか・・・?
あまりに登場中のチョドウィックとしっくりしすぎてて・・・
違和感の欠片も無し・・
これが彼の俳優たる凄さなのか・・・?
だって〜アドリブの嵐に見えるんだもん・・・。
(ああ・・台本が見たい!←しつこい?)

逆行しますが、登場シーン・・・
読みづらくてごめんなさい・・・
心のままに書いているので・・・
順番の通りに書けない・・・

登場したチョドウィック・・・
可愛いです・・・キレイです・・・目が大きいです・・・^^
衣装もまあ・・歴代と比べると大人しい・・かな?
上は片袖が長く、片方が肩出し。
下はジーンズに毛皮のストール??
出て来たときからオーラが違う!!?
お客さんとのコミュニケーションもかなりのものです。
今までは、お客さんいじりに関しては、
ダヒョンくんが1番だと思っていたのですが、
スンウくんはそれも越えてしましたね〜〜〜恐るべし(゜◇゜)
1曲目の“Tear Me Down”最後・・・
ダヒョンくんもヨンミさんと真っ向対決は避けますが、
スンウくんもそれはせず、少しおちゃらけた感じで・・・
何回も応酬するいつものパターンとは違って、
すぐにイツハクのマイクを取って、
あっさり終了させてました。
聖水シーンも最初からしばしばありでした〜^^;

そしてバンドメンバー全員で、
「우리는 안 글리 인치 밴드예요!!!(私たちは、アングリーインチバンドです)」
と、最近韓国で流行のフレーズをアクション付きで披露!
これには、一瞬目が(・o・)になった直後、
もう大爆笑!!!
これって、良く501くんたちもやりますよね?!
「우리는SS501이에요!!!」って。
え〜〜〜?!何なの〜〜〜??
もうね・・・自分たち楽しいでしょ?!楽しんでるでしょ?!
って、聞きたくなりましたよ〜〜。

前半のママとのシーンでは、
何となく全体的にアンニュイな語り口だったので、
ここ・・・少し、ママとハンセル坊やの差別化が微妙〜
日本人とかで、初めて見る人は難しいかな〜と感じました。
デビー・ブーンの歌をオーブンの中で歌うとこは、通常版より長め・・・。
初チョドウィックだった私は・・・
もしかして、ずっとこのままアンニュイ路線か〜??
と、多少不安になる・・・・。

あと・・・
ジャイアントSTでやってるトミーの公演を聞くとこ・・・
最初は「それは・・・ヨロブン(皆さん)」ってとこね・・・
ここのトミーの歌が音が外れ過ぎてて・・・
私も友達も「????」ってなったんだけど、
会場はあんまり反応してなかったの・・・何故??
アレって、チョドウィックの時はいつもそーですか?
私たちは聞いて大笑いしちゃったんですけど・・・
あの外し方には、どーいう意図があるんだろう・・・。
「ヨロブン」を聞いた時の、チョドウィックのがっかり具合が
しょぼ〜ん・・って感じだったので、
やっぱり彼はこの静かめ路線なの?と思っていたら、
次のトミーの公演を聞くところでは、
「それは・・・僕」ってとこで・・・
ハングルで、私や僕って“나(ナ)”なんですけどね、
いきなりチョドウィックが「ナ・・・ナ・・って〜〜〜」
「ナ!ナ!ナ!・・・・って・・ナッナナナ・・ナッナッナナナッナ!ソア〜」
って〜〜〜
え〜〜〜〜@@
これって!これも例のチェヨンちゃんの歌のパロディですよね〜〜
もう〜〜〜笑いすぎて、お腹よじれるって〜〜〜

演技者もハイテンションだけど、
この夜中のこの時間・・・
お客の私たちもテンションが尋常じゃありません!
こんなHedあり?!

ルーサーとハンセルのシーンでは、
スンウくんが両方やってましたが、
(これは、第2シーズンと一緒ですよね?)
マイクエコーや訛り・・ハンセルの子供の声色・・などで差別化。
このルーサーの訛りがキツかったわ〜〜^^;
外人訛りっていうよりは、やっぱりハングルの訛りって感じで・・。
でも、Hedの時もちょっとどこかで訛ってたような気が・・・。
これにママが加わった時に・・・
さっき、○Hedと似てるとこがある・・って書きましたが、
それがここだったんですよ〜〜。
ママとルーサーの1人2役・・・
クルクルと右左と行きながら役を移り変わる雰囲気・・・。
でも・・・同じことやってても、全然違うの〜〜。
やっぱ演技力の差としか言いようが無いですね・・こればっかりは。

私が・・1番心に残ってるところは・・・
ああ・・・こんなとこで良いのかなぁ・・・
ルーサーに・・・
「私と結婚しないかい?」って聞かれて・・・
普通は・・・「ネ〜〜(はい)」ってしおらしく言ってたとこなのに・・・
チョドウィックverは
ルーサー「私と結婚しないかい?」
ハンセル「좋아〜(良いよ)!!!」
って、思いっきり大声で答えてるとこ〜〜(◎o◎)
もう大爆笑で〜〜〜。
確かに、ここから一時でも早く抜け出したい
ハンセルの心情としてはそーなんだろうけどね〜〜〜
この좋아〜
ああ・・・文章では表現出来ない・・・
ここから、あの声が流れて欲しい!!!!!
もうね・・・それから暫く
“좋아〜!!!”
から抜け出せなくて・・・
他のシーンに行っても、暫くず〜とクククっと笑いっぱなしでした。。。
もう〜〜(脱力)

衣装替えの前に、イツハクに「歌って〜」と振ってから、
何故かクルクルと回りながらご機嫌に退場・・・
ここって・・・通常は悲しくて、歌えなくなって退場・・・
ってとこですよね??
ここも、あまりにチョドウィックがニコニコと踊りながら退場していくので、
拍子抜けしつつも、やっぱり爆笑!
で・・ここでイツハクも普通に歌わず、ロック魂に火が付いて
歌い上げるヨンミイツハク!
これがあるから、スンウくんの時はヨンミさんなのかな??
Hedが戻って来たら、通常verに戻って演奏を続けるメンバー。
ちょっと疑いながらもご満悦なHedwig・・・ここも笑えます。

あと・・あのヅラは・・・?
不思議な髪型だったのですけど・・・
う〜〜ん。。。

あと・・あと・・チョドウィックたら、バンマスのイジュンさんと
べたべた仲良過ぎませんでしたか??
イジュンさんも、まんざらでは無いご様子・・・
あれもありなのかな〜??

残念なとこも1つ・・・
まあ、これは私だけかもしれませんが・・
そんなこんなで・・
あまりに新しいHedを見て・・・
大笑いして、脱力してしまったためなのか・・・
あと、前があまりにハイテンションだったためなのか、
移行が上手く出来ず・・
悲しさや、感動という感情に上手く乗ることが出来ませんでした。
そーいえば、イツハクがHedwigに対して、
ツバを吐くシーンもありませんでしたね。
あれも・・ひとつのキーポイントになってるかと思うのですが・・・
流れ的に入れるのが変だったのか・・・な?

感情移入・・という面では、私はやっぱり第1シーズンが好きなんだなぁ〜。
(第1シーズンのチョドウィックは未見ですが・・)
感情移入・・という面では、やっぱりキム・ダヒョンなのかなぁ〜、私は。
(マンソクさんverも見てないけど・・)
まあ・・ファンだから何でも良いんでしょ?!
と言われちゃったら、それまでなんだけど・・・

だから、誰のファンということではなくて、
純粋な?Hedヘッズの方々が見た感想も是非聞いてみたい・・・

でも、楽しさにかけては絶品でした!!!
また是非見たい!!
凄く見たい!!

そして、確認したい・・・
こんなハイテンションな公演をいつもやってるのか?
深夜公演以外でもやってるのか?!
第1シーズンでもこんなハイテンションだったのか?!

何人もHedを見る機会に恵まれると、
この人のこんなとこが良くて、
ここでは、この人の方が良くて・・とか
私はこのHedが好き!・・とか
いろいろ発見が出来て面白いですよね!!

この日は、ヨンミさんのご両親が来てたということで、
アンコールの最初はヨンミさんの歌で開始。
その間、スンウくんはドラムを叩いてました。
そーいえば、スンウくんのドラムは2005年のHedコン以来ですかね??
あの時は、ダヒョンくんがベースで・・(=_=)
2回目のアンコールは無しだったけど、
1回目に全てのアンコール曲を歌いきる感じでしたから全然OKっす。

余談ですが・・・
帰る時には、外は雨が降っていて、
ヨンミさんはお母様を傘に入れて2人で歩いていたのですが、
お母様がお茶目な方で、
声をかけていたファンに向かってVサインをしていたら、
それを見たヨンミさん・・
お母様の頭に手で突っ込みを入れていました(笑)

この日、友達は開演直前に係の人に聞いて
チケットを買うことが出来たので、
手元にチケットが無くてもトライして見るのも手だと思います。
補助席も出てはいるようなので・・・
確率は割とあるかも・・・
ただ、ゲット出来るかどーかは、あなたの運次第・・かな!!?

最後に・・・私はジキハイの彼より、こっちの彼(彼女?)が好き・・・♡
by saori3853 | 2007-04-17 08:44 | Hedwig!